診療時間

診療時間
当院は完全予約制です
休診日:月曜、日曜
06-6120-3177

再診の方はこちらからも
ご予約いただけます。

  • web予約
  • QRコード
06-61203317

アクセス

地図
大阪市営地下鉄・心斎橋駅北改札口下車、2番出口よりクリスタ長堀、南17出口の南階段をのぼり直進し、徒歩すぐにパチンコ店(南海会館)があります。
その正面のビルの2階がクリニックです。
専用駐車場はありません。

早朝高血圧とSAS

早朝高血圧と睡眠時無呼吸症候群(SAS)の危ない関係

早朝高血圧とは文字通り早朝に血圧が高い状態を意味します。
通常は夜間の血圧は日中より低下しています。しかし、様々な原因で早朝高血圧が起こります。また、早朝高血圧は脳卒中のリスクが高いことでも知られています(脳・心血管疾患の危険性が3-6倍高い)。

早朝高血圧は大きく次の2つに分類されます。

Dipper型

血圧が夜間に大きく低下し、起床とともに著しく上昇する。
原因:血管の硬化・圧受容体反射の障害など(加齢に伴うことが多い)

Non―dipper型

血圧が夜間に低下せず、そのまま起床後に持ち越す夜間高血圧型。
原因:睡眠時無呼吸症候群・糖尿病・心不全など

Non-dipper型は抗圧薬に反応しにくく夜間高血圧が持続します。
そのため、心臓や脳に負担を掛けて、脳卒中や心不全の原因になります。早朝高血圧症・抗圧薬が効きにくい患者様は是非、睡眠時無呼吸症候群の可能性を考えて検査を受けて下さい。
表のようにSAS患者ではCPAPにより早朝高血圧が改善します。